読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッチーコンパの思い出

その日のコンパに自分は期待していた。 今度の相手は、スッチーさんなのだ! 話はその年の初めまで遡る。 正月休みに中学の友達で集まることになった。同窓会だ。 しばらく実家を離れていた自分は、すっかり疎遠になっていたけど、地元に残った連中はしばし…

コンパ仙人になるまで

あのころ自分は、週8回コンパをしていた。 愛に飢えていた時期を超えて、このころはコンパを愛してしまったいたのだ。 女性に対して受けを狙うことはやめていた。 大事なのはいかにコンパを楽しむかである。よって、番号を聞かなくてもいいし、偽名を名乗っ…